【姉はヤンママ授乳中in熱海編in実家編】彼女にばれないようにダブル不倫!?画像入りネタバレ!!

【姉はヤンママ授乳中in熱海編】
公式サイト(Bookliveコミック)
▼▼お試し読み▼▼無料

 

姉はヤンママ授乳中in熱海編

お試し読み

 

それくらい私たちはもう離れられないんじゃないかって思う関係に至ってしまっていました。

 

だから彼女さんにももう勝ち目はないのではやくあきらめてほしかったのに、納得するまでに半年もかかってしまったんです。

私はその間、彼とは週に3日とあけずに会っていたのでもう本命の彼女と言っても過言ではない状態でした。

もちろん彼は彼女を説得するために彼女を抱くこともあったそうですが、それは月に一度くらいだったようなので完全に私に分がありますよね。

 

こういうみっともないすがり方をする彼女さんだとは思っていなかったので少し引きましたが、彼はようやく私だけのものになりました。

彼氏になってから彼は変わってしまいました。それまではどちらかというと私が彼から好きだと言われてしょうがないから付き合ってあげようかって感じでした。

 

でも、釣った魚に餌をあげないというか、私のことは性のはけ口なのかと思うような呼び出し方をするような彼に私はほいほいと従ってしまっています。

なんでこんな風になったんだろうとじっくりと考え見たら、私、彼に抱かれることが今一番大事になってしまっていることに気づいたんです。

 

それまで私はイクということをよくわからないままで数人の男性とお付き合いしてきました。

【姉はヤンママ授乳中in熱海編】
公式サイト(Bookliveコミック)
▼▼お試し読み▼▼無料

 

 

【姉はヤンママ授乳中in実家編】
公式サイト(Bookliveコミック)
▼▼お試し読み▼▼無料

姉はヤンママ授乳中in実家編

お試し読み

 

 

彼と付き合って数回目のセックスの時に彼が本性を現したというか、かなりハードチックなセックスを求めてきたんです。

 

私は初めて少し引きました。

次第にそういう風にされると自分がぞくぞくするような感覚に陥ることをしり、今ではもう彼のセックスでないとだめなんじゃないかなって思えるほどに変態チックなセックスにハマってしまっているんです。

 

実は私の体には無数のあざがあります。

彼がゼックスの最中に興奮してつけてしまうもので、私はその痛みを快感にうけとってしまうため、エスカレートしてしまってしばらく消えないあざになってしまっているんです。

 

【姉はヤンママ授乳中in実家編】
公式サイト(Bookliveコミック)
▼▼お試し読み▼▼無料

【姉はヤンママ授乳中in熱海編】
公式サイト(Bookliveコミック)
▼▼お試し読み▼▼無料