エロシーンをネタバレ【姉はヤンママ授乳中in熱海編in実家編】大人気のエロ漫画

【姉はヤンママ授乳中in熱海編】
公式サイト(Bookliveコミック)
▼▼お試し読み▼▼無料

 

姉はヤンママ授乳中in熱海編

お試し読み

 

彼女は「今日だけいいよ。」と喘ぎ声混じりで言いました。

 

私はやっといけると安心してラストスパートで腰を動かし、いく瞬間に彼女の口に私のものを咥えさせいくことができました。

彼女も同時にいったので少し苦しそうな表情をしていました。息遣いも荒い状態でしたが、時計を見るともう家を出ないといけない時間でした。

 

私も彼女もすぐに身なりを整えて家を出ました。その日のバイトは疲れと、エッチのことを思い出してグダグダでした。

短い時間でも濃密なエッチをすることができました。

 

今度からこの方法でエッチしたら短時間で濃厚なエッチができていいかもと思っています。

彼氏にはもともと付き合っている彼女さんがいたんです。

 

でも私は好きになってしまったので積極的に行動に移して彼に私を好きになってもらうための努力をしました。

 

【姉はヤンママ授乳中in熱海編】
公式サイト(Bookliveコミック)
▼▼お試し読み▼▼無料

 

 

【姉はヤンママ授乳中in実家編】
公式サイト(Bookliveコミック)
▼▼お試し読み▼▼無料

姉はヤンママ授乳中in実家編

お試し読み

これ自体がイケないことだとは一切思っていなくて、もし彼が私に心を移してくれたらそれは彼の気持ちの問題なのできっと後悔しないために私とのお付き合いを選んでくれると確信していたんです。

 

彼は彼女さんと別れる前に私と体の関係を持ってしまいました。

 

後悔しながらももう我慢できないという感じで私に体を求めてきた彼を私は受け止めないわけには行きませんでした。

そしてその初めての行為は私と彼にものすごく満足した時間をもたらしてくれたんです。

これまでに体の関係を持った人の中で彼くらいいいと思った人はいませんでした。

 

彼もおなじよなことをおもってくれたようで、終わった後に、必ず彼女とは別れるから待っていてほしいと言ってくれて、私たちは初めての夜なのになんと二回目も欲してしまい朝まで性欲におぼれてしまったほどでした。

彼は彼女さんと別れ話をしながらも通える限りの頻度で私の部屋を訪れて私のことを抱きました。

 

まだ納得はしてくれない、わかってもらって円満に解決してからこっちにきたいのにどうしても我慢できないみたいなんです。

 

【姉はヤンママ授乳中in実家編】
公式サイト(Bookliveコミック)
▼▼お試し読み▼▼無料

【姉はヤンママ授乳中in熱海編】
公式サイト(Bookliveコミック)
▼▼お試し読み▼▼無料