ネタバレ【姉はヤンママ授乳中in熱海編in実家編】彼がセックスの最中に興奮してつけてしまう痣

【姉はヤンママ授乳中in熱海編】
公式サイト(Bookliveコミック)
▼▼お試し読み▼▼無料

 

姉はヤンママ授乳中in熱海編

お試し読み

 

もちろん、見える部分にはつけないことが暗黙のルールではあります。

 

それに私自身、痕がつくくらいまでしてもらうことを望んでしまっているんです。

きっと彼じゃない人に抗して欲しいと言ったら引いてしまうと思うんです。

 

だから彼には呼び出されるとほいほい駆けつけてまで快感をほしがってしまうという関係になってしまったわけなんです。

私は体を傷つけられて初めてイクという経験をしました。

 

だから傷つけられないといけなくなってしまったということでもあると思います。

もっと簡単にイクことのできる人ならこういう形にまではならなかったんだとおもいます。

しょうがないですよね。

 

こういう形でしか絶頂を迎えられない私なんです。

【姉はヤンママ授乳中in熱海編】
公式サイト(Bookliveコミック)
▼▼お試し読み▼▼無料

 

 

【姉はヤンママ授乳中in実家編】
公式サイト(Bookliveコミック)
▼▼お試し読み▼▼無料

姉はヤンママ授乳中in実家編

お試し読み

 

彼に救われました・・。

 

私は職場でひどいいじめにあっていて、もう辞めてしまおうと考えたりいっそのこといなくなってしまえたらとまで考えてしまうほどに病んでいた時期がありました。

私へのいじめの原因は、直接仕事に関係のない容姿についてが大半でした。

 

私、あまりファッションや身なりに関心がない女子で、そういうところで陰気とかもっさいとかいろいろと悪口を言われ始め、存在否定されるようになったんです。

彼氏もいたことなくて、そういうところもからかわれてました。それを救ってくれたのが、バイトで短期間でしたが一緒に働いた彼でした。

 

わりとかっこいい人で、他の女性からも人気でしたが彼は私に良く声をかけてくれて、仕事終わりで食事に行くまでになってしまったんです。

【姉はヤンママ授乳中in実家編】
公式サイト(Bookliveコミック)
▼▼お試し読み▼▼無料

【姉はヤンママ授乳中in熱海編】
公式サイト(Bookliveコミック)
▼▼お試し読み▼▼無料